ロゴ

ストレスフリーと書かれているが、ストレスとどう付き合うか、という内容。

ご存知の方も多いと思いますが、ストレスには良いストレスと悪いストレスもある。

そしてストレスとは心身の反応でもある。

ストレッサーと言う刺激に対して私たちの心や身体がどう反応するか?でどんなストレスを受けているかが決まる。

つまり、そもそもストレスには味はない。私たちがそのストレスを「何味か」と定義している、ともいえる。

7つの習慣実践シリーズ、とタイトルにある通り、本書は7つの習慣をベースに書かれているので、しっくりくる人が多いと思う。なにせ、普遍的な原則、なので。

私はある時期を境にストレスに対してはそこそこ対処できるようになったのですが、そのきっかけは実は7つの習慣の中の、第1の習慣、がハマったことにある。

色々な刺激があるが、その刺激に対して即座に反応するのではなく、一時停止ボタンを押し、「うーーん。そうきたか・・・。じゃあ、自分はどうしよっかな?」と「自分はどうするか?」に転換できるようになったことが大きかった。つまり、キツイ出来事があっても、そのせいにしてもどうしようもない。だってコントロールできないことはこの世に沢山あるし、そのコントロールできないことにやきもきしてもしょうがない。

その状況の中で自分が何を選択するのか?に集中することで、もやもやは大分亡くなった。

そして、もう一つ大きく作用したのが実は第3の習慣。

重要事項を優先する。

仕事の優先順位ではなく、人生の優先順位。

例えば私の場合は、家族との時間やテニス、ロードバイク、ジョギングといった運動の時間。読書の時間。仕事の準備、など。

自分が「大切」と思っていることを優先的に時間を使えていると充足感は増していく。

これら2つの気付きが結構大きくて、それからストレスフリーに近づいた気がします。

本書の中では7つの習慣に沿ってどんな考え方や行動をすることでストレス反応が減るのか。が詳細に書かれている。

面白いのは「これやるといいよ」と言うことを、相当数準備していること。

どれかは出来そうなものが必ずあるので、ストレスに悩む人にはお勧めかと思います。

 

そして大事なことは再新再生。つまり、習慣化すること。

ちっちゃなことから少しずつ始める。それによって自己効力感も増していくでしょう。

7つの習慣とコーチングは相性がいい。というか、強固なつながりがあるな~、と昔から思っていました。この1年間コーチングを学ぶ中でそれはより強く感じましたが、でも、どちらかというと、セルフコーチングとのつながりが大きいかな、と。

7つの習慣はそもそもセルフリーダーシップが思想の原点にあるようにも感じます。

というのは、「第1の習慣:主体性を発揮する」がその後の全ての習慣のベースになっているから。

つまり、自分で選択すること。これが全てでもある。

ただ、本書も7つの習慣の特に前半部分。私的成功への3つの習慣が順番になぞられている。

「第2の習慣:目的をもって始める」なんて、まさしくGROWモデルの「G」でもある。

でも、自分がどうなりたいのか?どうありたいのか?これを明言していないから方向が定まらないケールは多いし、そして「第3の習慣:重要事項を優先する」が出来ていないから、素晴らし目標設定をしても実行されない。そんなことに陥ってしまう。

クライアントのPDCAサイクルを回す支援をするのがコーチでもあり、主体的に本人が決めた目標や戦略、実行プランを引き出し共有し、伴走することがコーチには求められている。

私自身2019年は特に自分の在り方やどんな貢献をしたいのか?(ミッション)を明確にしたことで活動は一気に変化した。

手放す勇気は必要だったものの、重要事項にフォーカスを当て、そうでないものは手放す。

結果、自分のミッションに関わるものがきちんと残ったと思う。

「行動を伴わないビジョンは夢にしか過ぎない。ビジョンのない行動は暇つぶしに過ぎない。行動を伴ったビジョンが変革を可能にする」

ジョエル・A・パーカーの言葉。

スパルタですね。でも、真理だな、と。

明けましておめでとうございます。
clear kyotoの森川です。
今年も一年間どうぞ宜しくお願いします。

今年は年末年始休暇が結構長めだった方も多かったと思います。
私も今年は珍しく12日間、ほぼ仕事から離れて読書や家族の時間を漫喫していました。

私は年末年始に毎年必ずするルーチンが2つあります。
1つ目は『7つの習慣』の再読。
2つ目は『1年の目標設定をすること』
の2つです。

『7つの習慣』の再読はもうかれこれ14年くらい(?)続けています。
原則に沿った、効果性の高い生き方を続けるために。自分自身の今の在り方を見つめなおし、自分が「どうありたいか?」を再度考える。つまり、ゼロリセットするために読んでいます。
もう何回読んだか分からないのに、毎年違う気付きがあります。
その時の自分の状況や思いを読書に投影していることを実感します。

そして、1年間の目標設定。
これは独立する前。人事の責任者をしているころから毎年しています。
自分がどんな方向に進んでいくのか?
をきちんと考えたうえで1年間を生きていく。つまり、1年間の「羅針盤」なのです。

目標、と聞くと売上とかをイメージしがちです。
勿論経営者ですので売り上げ目標もあることにはありますが、私がこの目標設定をするときに大事にしていること。
それは、

「理想の人生を歩んでいる時、私は〇〇である」というパッション。
つまり、「どうありたいか?」をベースにすることです。
だって人生って別に仕事だけじゃない。色々な役割を果たしながら私は生きています。
例えば、父、夫、経営者、コーチ、協会の理事、息子、テニスチームの幹事、生き様を見せる人、、、
等など、様々な役割があるのですが、それぞれの役割の中で自分が「どうありたいか?」。「どう生きたいか?」を決め、それに沿って生きていく。

何を「する」かも大事ですが、人としてどう「ある」かの方が大事だと思っています。
自分がどんな人間で「ありたいか」?
まずそれを言語化することから始まります。

そしてもちろん仕事をしていますので、1年間で何をいつまでにどんな状態にするのか?
これを言語化することで「やること」と「やらないこと」が明確になります。

特に私の場合は会社と言っても自営業なので「しないこと」を決めておかないとつい目先の売り上げに目移りして、結果的に違う方向に行ってしまうことはよくあるパターンです。

また、それと併せて定点観測している指標があります。
それは「人生時給」です。
私の場合は一年間の売上を労働時間で割り、自分の時給を計算しています。
多分売上よりも大事にしているかもしれません。

私は自営業なので、働けば働くほど売り上げは上がる(はず)です。
でも、そんな生き方を自分が選択しているかどうかは別問題。
自分で意図的に働きまくっている時は勿論OKです。2017年はまさにそれでした。

でも、やはり私はワークもライフも欲張りたい。
だから量を増やすよりも質を上げることを考えていきたい。

そしてこの時給を計算しておくと何が起きるか?
上述の、仕事の取捨選択がしやすくなるのです。

つまり、この時給を下回る仕事は受けない。
という判断基準が出来れば、断るときに踏ん切りがつきやすくなります。
そしてもちろんいただいている金額に見合った価値を提供していく。
じゃないとお客様と私がWIN-WINになれないと思っています。

少し長くなりましたが、年始に1年間の目標設定をすることで、

1.1年間の「あり方」の羅針盤を創る
2.取捨選択の判断基準を創る
3.結果効果性の高い1年を送ることができる

という3つのメリットがあります。

ワークもライフも欲張ればいい。

そのためにはまず自分との約束を「言語化」し、宣言する。
自分の人生を創るのは自分でしかない、ということです。

★研修の効果がぐぐっと向上する「反転学習」始めました!
⇒https://clearkyoto.com/service_inversion

★電子書籍『ワークもライフも欲張ればいい。』購入はこちらから。⇒https://clearkyoto.com/news/326/

★森川ってだれだっけ?プロフィールはこちら ⇒ https://clearkyoto.com/company

★森川の「志」
clearkyoto合同会社では「課長と組織を変える研修」を企画提案しています。
組織のコアである課長のコミュニケーション力が変われば組織風土が変わり業績が変わるのです。
ここに徹底的にこだわり、働く人皆が「納得感」を持って働ける世の中を創っていきます。
clearkyotoのHPはこちら ⇒ https://clearkyoto.com

★森川のもう一つの「志」
2017年9月に「一般社団法人日本スケジューリング協会」を設立しました。
「タイムマネジメントの考え方や実践法を日本中に伝えて日本をハッピーにする。」
ワークライフバランスとはワークもライフも欲張ることです。そんな時間の使い方を実践することで人生を豊かにする。
そんな世の中を真剣に創ろうと思っています。
タイムマネジメントに関するセミナーを開催したり、それを一緒に広める仲間(認定講師)の養成を行っています。
日本スケジューリング協会のHPはこちら ⇒ https://sche-jp.com

★研修やコーチングで一人一人の変化から組織を変化する。そんな支援をしています。
お問い合わせはこちらから ⇒ https://clearkyoto.com/contact/

★メルマガのバックナンバーはこちら⇒https://clearkyoto.com/blog01

毎年恒例、大みそかと元日にかけて再読する本書。

色々な意味で私の人生に気付きを与え変化するきっかけとなり、自分の在り方を見つめなおすことができる本書。

毎年読んでいるくせに毎年気になるポイントが違うのが面白い。

しるし書店じゃありませんが、ドッグイヤーとかハイライト、赤線など色々なしるしがついていますが、今年もやはり新しい「しるし」が付きました。

私はインサイドアウトのパラダイムと第1の習慣「主体的である」が大好きなのですが、その中でも特にぐっと来るのが、「私たちは自分の身に起こったことで傷ついているのではない。その出来事に対する自分の反応によって傷つくのである。」のくだり。

つまり、出来事をどう捉えるかで自分の気分は変わる。

自分の気分は自分が決めている、ということ。

今年事業を推進する中で勿論嫌な事や凹むことは多々ありました。

結構大きなダメージを受けたこともあります。でも、それって結局自分がどう思っているか?

なんでもポジティブシンクしよう、という話ではないのです。

凹んだままでもいい。凹む、という選択を自分がしているだけ。

分かっていればそれでもいいと思っています。

今年から私にはコーチングの師匠がいてくれて、彼女がコーチでもあります。

その凹んだことを話す。でも話すだけでは心が晴れない。それくらいのダメージ。

そうすると、彼女は私とは違う解釈を「参考までに」言ってくれる。

そのたびに色々な見え方があるのだな、とも思うし、それを取り入れるかどうかも結局は自分の選択でしかない。

選択することが主体性。

28歳の時に7つの習慣を読み、研修も受け、38歳の時には7つの習慣研修の講師の資格を取り、伝える側になった。

でも、自分で体現できていないことは多い。

分かると出来るは違う。

でも、7つの習慣に関してはそれでいいのだと思います。

原則をベースにし、自分の思考や考えがそこからずれた時に気づけたらいい。

そして今年力強くページを折った場所は、相互依存のパラダイム。

国連事務総長だった故ダグ・ハマーショルドの言葉。

「大勢の人を救おうと一生懸命働くよりも、一人の人のために自分の全てを捧げることの方が尊い」

勿論仕事も大事だけど、一番身近な家族や職場の仲間と血の通った人間関係が築けなければ何の意味もない。人間関係の問題に正面から向き合うには、自分の「外」にあるプロジェクトや人々に労力をかける前に、自分の内面を見つめなおさなければいけない。

つまり、自分の人格磨きが何よりも大事だ、ということ。

2020年は独立して6期目。会社にして2期目。

所謂自営業なのですが、自分の「あり方」って本当に大切やな、と痛感しています。

お客様は私たちに「何ができるか」も求めていますが、それよりも「誰と一緒にやりたいか」を大事にされている。

だからこそ自分の人格を磨き続け、あり方を見せつけていく事が必要。

もうね。果てしないです。だって、まだまだ未熟モノですから。

でも、努力し続ける姿もその一つなんだろうな、とも思っています。

 

実は7つの習慣を読み始めた時は「どうするか」が結構気になっていたんです。昔は。

でも、今ひっかかるのは「あり方」。それは、私の生き方や働き方がが変わったからかもしれませんね。

2200円の本を15回以上読み、毎回違う気付きがある。

考えようによってはとてもお買い得ですよね。

 

最近雨上がりの朝にロードバイクで走ることが多いのですが、困ったことが起きます。

それは、

 

ロードバイクがめっさ汚れる

 

ということ。ま、当たり前なんですけどね。

ちょっと気になることもあったのでこないだの休日にロードバイクのメンテナンスをしました。

簡単に言うと、「大掃除」です。

フレームを磨き、ホイールを磨き、スポークの一本一本まで磨き上げます。

また、リアとフロントのギアも1枚1枚、それこそすき間にブラシを入れて汚れを取り、スプレーのクリーナーでさらに汚れを取り、さらに、ギアとギアのすき間に布を入れて磨き上げるのです。

そして最後はチェーンの一粒一粒を磨き、油をさして終了。

小一時間はかかります。

 

結構手間なんです。

でも、これをすると何が変わるか。

 

乗り心地が完全に変わります。

ギアチェンジがコツンコツンと気持ちよく入る。パフォーマンスも明らかに上がります。

ロードバイクは全部機械なんです。だからメンテナンスをすれば必ず応えてくれるのです。

 

 

 

 

これ、人間も一緒ですよ、ということ。

まずはご自身のメンテナンスしていますか?

体調は勿論、情緒はどうでしょうか?

 

そして管理職の方。

メンバーの調子はどうですか?

体調、メンタル。

パフォーマンスが上がっていないのは能力ではない可能性が高いです。

 

忙しいとメンテナンスって絶対に後回しになるのです。

でも、身体や心の調子が悪い人が良い仕事できるはずありませんよね?

「7つの習慣」の中に「P/PCバランス」という話があります。

効果性の高い仕事、つまり、継続して結果を出し続けるためには、成果と能力のバランスが大事です、という話。

つまり、ガチョウが金の卵を産むのであれば、金の卵ばかりを欲しがるのではなく、金の卵を産むガチョウを大事にしないと、継続的に結果は出ませんよ、ということ。

 

だから、毎日せわしないといけないのです。ガチョウの。

 

つまり、メンバーのメンテナンスは最優先事項ですよ、ということなのです。

忙しいから後回しではなく、忙しくてもなんでも最優先なのです。

だって、組織は人の集まりですから。

 

どうしても目先の結果に目が奪われることもあると思います。

でも、私たちは「継続的に結果を出し続けること」が求めらているのです。

 

1週間のスケジュールに部下との時間は入っていますか?

話を聴く時間を是非定期的に持ちましょう。

勿論皆さん自身のメンテナンスの時間は入っていますか?

適度な運動。睡眠。読書。趣味の時間。家族との時間。。。

 

仕事よりも人間の方が大事、ということです!

 

★森川の志:
働く人全てが納得感を持って働ける社会を創ること。仕事で結果を出しライフも充実することで人生は豊かになります。
そのためにはまず組織のコアである課長(中間管理職)の皆さんが生き生きと働くことで、その良い影響力を組織全体に広めていきます。
「課長と組織を変える人材開発」。これが私のミッションです。

★Aamazon kindleにて電子書籍出版しました。『ワークもライフも欲張ればいい。』是非ご一読ください。
購入先リンクはこちら⇒https://clearkyoto.com/news/326/

clearkyotoの森川です。この土日の話です。

私は自分の会社と並行して「一般社団法人日本スケジューリング協会」の理事をしています。2017年に代表の浅野と一緒に設立しました。(リンク先参照ください)

で、この土日は協会のメンバーと今期の活動予定やすり合わせの合宿に行ってきました。箕面温泉スパガーデン!(多分関西の方はメロディ付けて読むことでしょう)

私たちはオフィスレスで働いているので普段はZOOMでオンラインMTGが殆ど。

実は私事務局の2人と会うのは初めてでした。

まあ、合宿の内容はさておき、個人的に楽しみにしていたのが「大衆演劇」の観劇だったのです。

何が面白いって劇団、というか、演者さんにファンがついていて掛け声がすごい。しかも息ぴったり。推しメンにはおひねりを挟みにいくファン。うーん。聞いてはいたが面白い。劇自体も結構楽しめるものでした。少なくとも飽きることはない。流石プロですね。

でも、一番感心したのは、舞踏ショーの時の所作や目線。日本舞踊を学ばれているのでしょう。所作が美しい。そしてしっかりとこちらと目線が絡む。

私がそう感じたので皆もそうなのだと思います。「自分の事を見てくれている」という感半端ない。

うーーん。これ、研修や講演でも大事よね、と改めて。

勿論私は俳優ではありませんが、でも、研修や講演の時の自分の動きや目線の合わせ方で参加者の気持ちは大分変るだろうな、と自分を振り返るきっかけになりました。

 

7つの習慣の中でコヴィー博士は第7の習慣「刃を研ぐ」の中で4つの側面を鍛えよう、と言っています。

4つとは、「身体」「知性」「社会・情緒」「精神」の4つ。

身体と知性は分かりやすいのですが、結構時間を取ろうとしないのが「精神」ではないかと。

これは、心の安定を図るという意味で、大自然で落ち着く場所に行くとか、瞑想するとか、美術館に行って心を浄化するとか、まあ、人それぞれでしょう。

私自身の精神の刃を研ぐ活動は

・ロードバイクで山を登る(身体、でもありますが)

・落語や舞台を観に行く(知性のインプットでもありますが)

・子供や奥さんと遊ぶ

とかでしょうか?

大事なことはこの時間を「優先的に確保する」ということです。

圧倒的に緊急性はないけど、重要なこと。だって心の平穏がなければ良い仕事はできません。人にも優しくできないし。

なので、しっかりと精神の刃を研ぐ予定を組みましょう!