ロゴ

課長と組織が変わる研修講師、森川です。

今日のテーマも部下のモチベーション、です。
モチベーション管理が大事だよ、という話をここまでしてきました
(前回のブログは下のリンクから)
https://clearkyoto.com/blog01/316/

そもそもモチベーション管理ってなにか?
管理するんです。

つまり、「現状を正確に把握し、良い方向になるように働きかけること」です。
今日はそのモチベーションの現状把握の仕方についてお伝えします

部下のモチベーションの現状把握は3ステップで行います。

1.観察
2.本人確認
3.周りからの情報提供

の3ステップです。

1.の観察は分かりますよね。ちゃんと見ようね、ということです
ただ、結構部下のこと見ていない人は多い。
今朝どんな表情していたか?
どんな服装だったか?
声のトーンは?
気を付けていないとモチベーションを把握するポイントを見逃しています。

私が普段気を付けていることをいくつか紹介します。
まずは、朝の挨拶の様子。
きちんと相手の顔を見て挨拶を交わすことで表情や声のトーンが伝わってきます。
それと、服装。
服装の乱れは心の乱れ。身だしなみが整っているかどうかは必ず毎朝見ています。
そして、仕事のパフォーマンス。ここも如実に見えてきます。
なので、必ず部下の仕事に対してフィードバックをすることで、その時の反応からも伝わってくるものは多いです。

一言で観察、といってもこれくらいのことは見ておきましょう。

2.の本人確認。
これは本人に聴いてみよう、ということ。
ただ、「今日モチベーション低い?」と聴いても相手の本音は見えません。
もっと応えやすい質問がいいですね。例えば、
「今日どんな感じ?」とか「調子どう?」とかでいいです。
所謂、声掛け、ってやつですね。それを軽い質問にしてあげるとが相手は話してくれます。

3.周りからの情報提供
実は普段は大体2.までで十分なのですが、これはオプションです
というのも、上司に弱音を見せたくない部下が一定数いると思います。(昔の私みたいなやつ)
つまり、上司から「今どんな感じ?」とか、「あの件大丈夫?」とか聞かれても
「大丈夫です~」としか答えない。でも、実は腹の中チリチリしている、みたいな部下です。

こうなると、本人確認も役に立たなくなるのです。だって言ってくれないから。
なので、周りの人が「彼今何気にてんぱってますよ」とかそっと教えてくれる関係性を作っておくことが大事です。

でも、まずは1.からです。
毎朝必ず挨拶を交わすことから始めましょう。
それだけで職場の風通しは一気に変わります。
小さな変化は上司から!!

★森川の志:
働く人全てが納得感を持って働ける社会を創ること。仕事で結果を出しライフも充実することで人生は豊かになります。
そのためにはまず組織のコアである課長(中間管理職)の皆さんが生き生きと働くことで、その良い影響力を組織全体に広めていきます。
「課長と組織を変える人材開発」。これが私のミッションです。

★Aamazon kindleにて電子書籍出版しました。

『ワークもライフも欲張ればいい。』是非ご一読ください。
購入先リンクはこちら⇒https://clearkyoto.com/news/326/

 

本日は事務所(自宅)にて終日デスクワーク。

色々なタスクがあったのですが、特に大きな山が、

①2月の決算作業

②4月に実施するリスクマネジメント研修のスライドとテキスト作り

の2つ。

明日から当分土日含め休みがないので、正直今日はあまり働きたくない。家事(買い物や犬の散歩)もあるので、4時間だけ働くと決める。

①の月次決算については税理士の先生と電話で打ち合わせしながら。法人の会計は今年が初めてなのでとにかくプロに頼る。これが時間短縮のポイント。悩むくらいなら電話する。

問題は②。

ゼロからスライドとテキストを創るのは中々の作業。しかも6時間の研修なのでボリューミー。

目次はできているので、あとは作業だけなのです。

が、とにかく私は集中力がない。本当にない。そんな私にとって資料作りは本当にきつい作業なのです。しかも山がでかい。

 

そんな時、私なりの方法。

それは、量じゃなくて作業時間を決めること。

まずは45分集中、みたいに。

全部一気にやろうとするとしんどい。精神的に。だって山がでかいから。

だから「まず45分頑張ってみよう」とハードルを下げる。

今日はCD1枚を目安に作業していました。

そして、ちょっとずつ進むと自己効力感が上がり、ちょっと気持ちよくなる。(私だけ?)

仕事の目標もそうなのですが、果てしない大きな山だけを見ていると正直「無理」と思い、やる気が起きません。しないといけないとわかっていても。だって、人間だから。感情が先行するのです。

その感情をちょっとでも前を向かせてあげると、少しずつ前に進みます。

千里の道も一歩から。

しんどい時こそ、分け分けしてみましょう。