最近雨上がりの朝にロードバイクで走ることが多いのですが、困ったことが起きます。

それは、

 

ロードバイクがめっさ汚れる

 

ということ。ま、当たり前なんですけどね。

ちょっと気になることもあったのでこないだの休日にロードバイクのメンテナンスをしました。

簡単に言うと、「大掃除」です。

フレームを磨き、ホイールを磨き、スポークの一本一本まで磨き上げます。

また、リアとフロントのギアも1枚1枚、それこそすき間にブラシを入れて汚れを取り、スプレーのクリーナーでさらに汚れを取り、さらに、ギアとギアのすき間に布を入れて磨き上げるのです。

そして最後はチェーンの一粒一粒を磨き、油をさして終了。

小一時間はかかります。

 

結構手間なんです。

でも、これをすると何が変わるか。

 

乗り心地が完全に変わります。

ギアチェンジがコツンコツンと気持ちよく入る。パフォーマンスも明らかに上がります。

ロードバイクは全部機械なんです。だからメンテナンスをすれば必ず応えてくれるのです。

 

 

 

 

これ、人間も一緒ですよ、ということ。

まずはご自身のメンテナンスしていますか?

体調は勿論、情緒はどうでしょうか?

 

そして管理職の方。

メンバーの調子はどうですか?

体調、メンタル。

パフォーマンスが上がっていないのは能力ではない可能性が高いです。

 

忙しいとメンテナンスって絶対に後回しになるのです。

でも、身体や心の調子が悪い人が良い仕事できるはずありませんよね?

「7つの習慣」の中に「P/PCバランス」という話があります。

効果性の高い仕事、つまり、継続して結果を出し続けるためには、成果と能力のバランスが大事です、という話。

つまり、ガチョウが金の卵を産むのであれば、金の卵ばかりを欲しがるのではなく、金の卵を産むガチョウを大事にしないと、継続的に結果は出ませんよ、ということ。

 

だから、毎日せわしないといけないのです。ガチョウの。

 

つまり、メンバーのメンテナンスは最優先事項ですよ、ということなのです。

忙しいから後回しではなく、忙しくてもなんでも最優先なのです。

だって、組織は人の集まりですから。

 

どうしても目先の結果に目が奪われることもあると思います。

でも、私たちは「継続的に結果を出し続けること」が求めらているのです。

 

1週間のスケジュールに部下との時間は入っていますか?

話を聴く時間を是非定期的に持ちましょう。

勿論皆さん自身のメンテナンスの時間は入っていますか?

適度な運動。睡眠。読書。趣味の時間。家族との時間。。。

 

仕事よりも人間の方が大事、ということです!

 

★森川の志:
働く人全てが納得感を持って働ける社会を創ること。仕事で結果を出しライフも充実することで人生は豊かになります。
そのためにはまず組織のコアである課長(中間管理職)の皆さんが生き生きと働くことで、その良い影響力を組織全体に広めていきます。
「課長と組織を変える人材開発」。これが私のミッションです。

★Aamazon kindleにて電子書籍出版しました。『ワークもライフも欲張ればいい。』是非ご一読ください。
購入先リンクはこちら⇒https://clearkyoto.com/news/326/