NEWS ニュース

距離感の難しさ_431

2024.05.17

『課長と組織を変える研修コーチ』
clear kyotoの森川です。

本日のテーマは、モリカワ的にずばっと「こうすればいいよっっ」という話では全くなく、私自身も難しいなと感じている事を共有します。

先日タクシーで移動している時になんか違和感があって、非常に居心地悪い思いをしました。
簡単に言うと、運転手さんが馴れ馴れしいんです。本当に。
でも、馴れ馴れしいだけだとそんな違和感感じることはないので、なんでかな、と考えていました。

答えはシンプル。

思いっきり最初からため語なんです。私に対して。その運転手さん。
偉そう、とまだえはいかないまでも、かなりぐいぐい来る。
そして自論の押しつけが中々すごい。(特に京都の政治に関して)

多分普段からフレンドリーな方なのでしょう。勿論彼に悪気はありません。
楽しい移動空間にしようという心配りかもしれません。
でも、流石に辟易しました。

多分彼の方が歳上なのだと思います。
でも、こっちも50歳のおっさんなんですよ。
流石にこれはないな、と感じました。

でもね。
普通にため語で話されても気にならない時も実際あります。
例えば定食屋のおばちゃんとか立ち飲み屋のおばちゃんとか全然気になりません。
ここまで書いてみて、同性だから違和感あるの?とも思いましたが、実際私立ち飲み屋で良くおっさんにため語で絡まれますが、別にそれは大丈夫なんですよね。むしろ、おもろがっています。

むむみ、と今このメルマガを書きながら、何が違うのかを考えています。
多分です。多分。
そのタクシーの運転手さんの場合、ひたすら一方的にしゃべらているんです。多分それ、です。
だって、定食屋のおばちゃんも、立ち飲み屋のおっさんも絶対に言ってくるのは、
「お、兄ちゃん、これ食べへん?旨いで。」とか、「お兄ちゃんどこから来たん?」
なんです。
つまり、聞くコミュニケーションが入っている。
その差が大きいのだと感じました。(というか、確信です)

なんで確信したかというと、仕事の場面でも一方的に話をされると私はその場からいなくなりたくなります。
相手が自分の上司でも、です。圧しか感じない。そりゃあそうですよね。
こっちの都合お構いなしに、自分が話したい事を話してくるわけですから。
はっきりいって鬱陶しいんです。

でもね。
これ我々要注意です。勿論私もです。
だって、どこの会社に行っても管理職の方に、「部下とのコミュニケーションどうですか?」と聞くと、大体の人が、「うちは結構コミュニケーションとれてますよ。よく話すし。」という答えが返ってきます。
そう。コミュニケーション≒話す、何です。

先日もある企業の新人研修に登壇したのですが、最後にプレゼンがあるんです。
そのプレゼンを聞いてその会社の部長さんに質問をしてもらう、という質疑応答の時間があるんです。
質疑応答お願いします、と何度も言っているのに、結局皆さんそのプレゼンを聞いてどう感じたのかを話し、仕事にとって大切なことは何かを話すんです。皆さん。全員。
質問は1回も出てきませんでした。

研修の場だし、新入社員と部長さんなので、勿論新人たちは神妙に聴いています。
でも、そういう事だよね、という話なんです。

でも、一つだけ言える事。皆全く悪気はない、という事です。良かれと思ってやっている。

コミュニケーションは聞くことから始まります。
人間関係も聞くから始まります。
だって、「理解してから理解される」ですから。信頼関係を構築する原則は。

そういう私も昔は人の話を全然聞けない上司でしたが、聴くスキルを身に着けることで大分マシになりましたし、少なくとも、プロのカウンセラーやコーチとして資格を取り活動しています。
つまり、後付けでどうにでもなる、という事です。

新入社員が配属され、上司側も新人側も少しずつ環境になれてきた今。
再確認が必要かも、ですね。

★★★志宣言!★★★
「働く人の”こう生きたい”を応援する」当社の事業理念です。
働く人1人1人がワークもライフも納得感の高い人生を送ること。
そんなキラキラした大人を増やすことで、子供たちの未来を明るく照らすこと。そんな世界を創りたい。
そのためには、人と組織の可能性を最大化する応援団であること。これが私の「志」です。

このメルマガは以前森川と何らかの形で名刺交換をさせていただいた方に送信しています。ご無沙汰の方もおられると思いますが、是非この機会に再度ご縁を繋げられたらと思っております。
★メルマガの登録はこちら⇒
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=clearkyoto&task=regist

************************************************
■clear kyoto合同会社 代表 森川 宗貴(もりかわ むねたか)
■ACC(国際コーチング連盟認定コーチ)
■キャリアコンサルタント(国家資格)
************************************************